夏フェスに30回参加したぼくがオススメする「当日の持ち物20選」を徹底解説!

 

こんにちわ、もちお(@mizumotio)です。

ことしも夏フェスシーズンまっさかりになってきましたね!

ですが、初めて夏フェスに行く方も多いハズ。

初めてフェスに参加するんだけど、何を持って行けばいいの・・・?

と不安に思っている人もいるのではないでしょうか。

そこで、夏フェスに30回以上参加したもちおがオススメする「当日の持ち物20選」を解説します

注意

「持ち物」は当日の行動スタイルによって大きく変わってきます。

・まったり派=敷物やパラソル等で拠点をつくってまったり楽しむタイプ
・イケイケ派=好きに色んなステージに行って行動しまくるタイプ

ぼくは後者の「イケイケ派」です。笑
なので、まったり派の必須アイテムの「パラソル」や「クーラーBOX」はこの記事では推していないので、ご承知おきを。だって重いじゃん…

ROCK IN JAPAN ステージ間 移動時間表 を作ってみた【2018最新】

2018.07.15

フジロックに参戦した僕がオススメする「持っていくと捗るアイテム5選」を徹底解説!

2018.07.22

必須アイテム5選

まずは、僕が必須だと考えているアイテム5選を紹介します。
※ちなみにスマホと現金は、言わずもがななので省いていますw

  1. チケット
  2. タオル(最低2枚)
  3. 日焼け止め
  4. 替えのTシャツ・靴下
  5. 帽子

1.チケット

これは言わずもがな、必須です。これがないとフェス会場に入場できませんからね…笑

ですが、意外と忘れてくる人がいるんです。僕の場合は友人が忘れてきて困った経験があります。

チケットを忘れてしまうと、主催者側はどんなことがあっても絶対に入場させてくれません!

前日夜の準備の時点で必ず、カバンにチケットを入れておきましょう。

2.タオル(最低2枚)

日中に汗を拭くためのタオルはもちろん必須アイテムです。

加えて、フェスが終わった後に汗や砂を落とすためのタオルもあれば活躍します。ということで最低2枚必要です。

以下のような吸水性や速乾性に優れたものがおすすめですね。

また、家から持っていかなくでも、会場で売られているアーティストグッズを購入するのもOKです。(ぼくは好きなアーティストのものをよく購入しています)ただし、新品だと汗を吸いにくいので注意が必要です。

3.日焼け止め

肌が弱い人にとっては、必須アイテムとなりますね。日焼けすると赤く腫れ上がるタイプの人には必須アイテムです。

出かける前に塗ることは勿論ですが、会場でも気になったときに塗る等の対策が必要です。

個人的には以下のアネッサが本当におすすめです。

肌が真っ白の僕が一日中炎天下にいても、肌を白いまま保つことができました。

4.替えのTシャツ・靴下

替えのTシャツと靴下はフェスが終わった後に大活躍します。

フェスが終わった後のTシャツは汗でベタベタになっていますし、靴下は泥だらけになっていることもあります。

その状態のままで帰宅の途につくのは大変な不快感で、疲れを倍増させます。フェス終わりには是非とも着替えた上で帰宅しましょう

オススメは以下のような速乾性タイプのものですね。

もちろん、会場で売られているアーティストグッズを購入するのもOKです。

5.帽子

熱中症予防には非常に重要なアイテムです。

おすすめはキャップではなく以下のようなツバの広い登山用の帽子がオススメです。より広く日光を防げますからね。

新しく購入するならばKAVU(カブー)かCHUMS(チャムス)がオススメです。経験的にはオシャレな人はたいていどちらかをかぶっていますので、オシャレで差をつけたい人はどちらかにすると良いでしょう。

ただし、ステージの最前列に行ってがっつりモッシュする場合はこのような帽子はショルダーバックやウエストポーチにしまっておいた方が良いでしょう。

帽子をなくす原因になりますし、最前のような密集空間で目の前にツバの広い帽子の人がくると非常に見にくくて不快です。トラブルの元にもなり得ます。お互い気持ちよく楽しめるように気をつけましょう。

ROCK IN JAPANに行きまくった僕が各ステージの様子をレポートしてみた

2018.07.05

あると便利なアイテム15選

  1. サングラス
  2. 薄手の撥水加工パーカー
  3. 雨具(レインコート・小型折り畳み傘)
  4. 大型リュック
  5. ショルダーバッグ/ウエストポーチ
  6. 小さめのお財布
  7. 小さめのビニール袋
  8. 少し大きめのビニール袋
  9. 汗拭きシート
  10. 絆創膏
  11. モバイルバッテリー
  12. ポケットWiFi
  13. 制汗剤
  14. ペットボトルストラップ
  15. 胃腸・整腸剤

1.サングラス

日焼け対策と聞くと肌の日焼け止めを思い浮かべますが、実は「目」からも日焼けを起こすようです。

目から入る紫外線は全身の疲れの原因になるそうなので、紫外線に弱い人はサングラスを是非もっていきましょう。

「イキってるみたいでかけるの恥ずかしい…」と思う人もいるかもしれません(昔のぼくがそうでした…)

ですが!疲れ方が全く違うので騙されたと思ってもっていきましょう。

とくに、以下のような「UV400」と記載あるサングラスは紫外線を99%カットしてくれますのでおすすめです。

2.薄手の撥水加工パーカー

これはめちゃくちゃ役に立つので、是非ともオススメしたいです。僕は以下のものを愛用しています。

この商品は以下のとおり利点だらけでめちゃくちゃオススメです。本当にスグレモノなんです!

利点

  • すごい軽い:公式情報だとMサイスで366.6gです。パーカーなのに驚くべき軽さです。普通にトップスで着るロンTが350〜450gと言われているのでその軽さがわかるかと思います。
  • すごく小さく折り畳める:小型ポーチにすっと入る程度に折りたためます。暑いときに脱いでも邪魔にならないですね。
  • 撥水加工なので雨合羽になる:撥水加工なので急な夕立でも雨合羽になります。便利ぃ!
  • 夜寒いときに防寒着になる:風を通しにくいので意外と温かいです。夜間に寒いときでも活躍します。

 

3.レインコート&小型の折りたたみ傘

雨予報の場合は必ずレインコートを持っていきましょう。全身を覆えるポンチョ型のものがおすすめですね。着たままでもずぶ濡れで騒げるからです笑

一方、傘について。会場内では基本的には傘を指すことは禁止されているフェスがほとんどです。

とはいえ、行き帰りの道中までは禁止されていないので、雨予報のときは絶対に持っていきましょう

また、「フェス飯」エリアでは屋根がないケースも多いです。こっそり傘を使って食べ物を雨から守りながら食事する、という光景もよく見かけるので、念の為もっていきましょう。

4.大型リュック

大型リュックは当日の荷物を全て詰め込みますので必要となりますよね。

これはクローク(有料の荷物預かり所)に預けてしまえば良いです。

僕はARC’TERYXの以下のリュックを愛用しています。フィット感があって背負いやすく、すごく丈夫ですよ。

5.ショルダーバック/ウエストポーチ

大型リュックとは別に小型のショルダーバッグやウエストポーチを用意しておくべきです。

会場内で常に持ち歩いておきたいアイテムも少なからずありますよね。そういったものを入れる必要があるためです。

例えば、現金・スマホ・保険証・日焼け止め・大小ビニール袋・絆創膏・モバイルバッテリー等ですね。

ちなみに、この小型のショルダーバッグを持っていても最前列に行きたい!という方にとっては、体へのフィット感は非常に重要です。

特にKERTYのものはフィット感が良く、たくさん入る上に丈夫なのでおすすめです。

6.小さめのお財布

当日は動き回るため、荷物はできるだけ少なくしていきたいですよね。

特に普段、長財布などを愛用している人は、これをそのまま会場に持ち込んでしまうと邪魔で仕方ないです笑

安くても良いので、数枚のお札と小銭、保険証が入るような小型のお財布を用意しておきましょう

僕は以下のようなものを使っています。CHUMSのものはシンプルなのにかわいくてオススメです。